老後資金2,000万円準備のためにはマンションが役立つ!?その理由は

先日金融庁から、「日本人は、65歳の定年退職時に2千万円の貯金が必要である」との発表が行われました。従来日本人の多くの人の人生設計は65歳まではサラリーマン生活をして収入を得る。65歳以降は年金と退職金で、残りの人生を過ごしていくというプランを立てている人が多くいたのです。

しかしこの発表は65歳の段階で、夫婦で一定金額の貯金を作らなければいけないものとして、多くの人に衝撃を与えました。

しかしここで泣き言を言っても始まりません。老後資金2000万円を自分の力で蓄えるためにはどうしたらいいのか、そして高齢化社会にどのように収入源を得ていくのかを考えてみましょう。

1. なぜ2,000万円の貯金が必要なのか

まずなぜ2,000万円の貯金が必要なのかという前提を確認しておきます。この2,000万円という数字は、65歳から95歳で亡くなるまでの30年間に不足する生活費を合算した金額になっています。

今は人生100年時代という言葉もある通り、65歳になった夫婦は、どちらかが95歳まで生きている確率が非常に高くなっています。

そのため、85歳や90歳ではなく95歳まで健やかに生活するための備えが、必要になるのです。そして夫婦二人の生活費として高齢者世帯が必要とする費用は、毎月26万円という調査結果が出ています。

しかし、夫がサラリーマンとして国民年金と厚生年金に加入していた夫婦に与えられる毎月の年金は、平均で21万円になっています。つまり毎月5万円が不足し、年間で60万円です。

それが30年間続くと、1,800万円、つまり約2千万円不足するという前提で、2000万円の貯金が必要だという試算が発表されたのです。

2. 2,000万円を30代から準備するには毎月3万円の貯金が必要

では若いうちから計画的に備えて2000万円を、65歳時点に準備するには、いつから準備が必要になってくるでしょうか。仮に30歳から65歳までの35年間で貯金2,000万円を貯めようとすると、毎月5万円以上の貯金が必要になってきます。

もし夫婦で子供二人を育てていく場合、毎月5万円の貯金をするのはかなり困難なことでしょう。貯金の中にも家を購入するための貯金、子供の学費のための貯金、そして自分達の老後のための貯金も考えれば、毎月10万円以上の貯金が必要になってきます。その生活費を賄うためには、とても夫だけの収入では足らず、妻も正社員として働かなければこれだけの貯金はできないかもしれません。

毎月5万円の貯金を65歳のために30歳から準備することは、大変に根気が必要であり、誰もができることではないのです。さらに最近は男性の初婚年齢は30歳を超え、35歳に近くなっています。

夫婦で相談をして65歳までに貯金を作るとしたら、30年間つまり毎月6万円ほど貯めないと、2,000万円には到達しないのです。

3.30代で2,500万円の区分マンションを購入で65歳時に8万円の不労所得を得られる

しかし発想を転換してみましょう。65歳からの30年間で毎月5万円の収入が不足するとしたら、65歳からの30年間に、毎月5万円の収入を得ることができる方法を見つけておけばいいのです。

直接的に2千万円の貯金ではなく、不労所得5万円を得ることができれば収入が落ちたとしても補うことができます。

そこで投資対象にしていきたいのがマンション購入です。

マンションを購入することで、家計に負担を与えることなく、65歳時点で毎月8万円程度の不労所得を得ることができます。

それがなぜか詳しく理由を説明していきましょう。

3-1.マンション購入シミュレーション

まず35歳の時点で価格2,500万円程度のマンションは、ほぼ自己資金ゼロで購入することが可能です。

東京都内の山手線圏内の単身者向けマンションでは、築浅物件で2500万円程度の物件は十分に見つけることができます。その場合金利が2%未満、融資期間35年で融資を受けられれば毎月の返済額は8~9万円程度になります。

そして都内の単身者向けマンションでしたら、家賃収入がほぼトントンの金額になりますし、キャッシュフローが残ることもあります。

この時点でマンションをほぼ自己資金ゼロで購入したとしても、毎月出費がない、もしくは少し現金が手元に残ります。さらに35年間で融資を受けたローンを返済することが可能です。

ただ35歳で購入した場合、完済は70歳です。65歳時に完済する。つまり30年間の返済として2,400万円を金利1.9%で借りたとして試算してみましょう。

その結果毎月の返済額は約87000円になります。

設定できる家賃によっても違ってきますが、ほぼ家賃とトントンと言える金額であり家計の負担は少ないです。5万円の貯金をしなくてはいけないことと比較すると、ほぼ家計の負担がない状態で65歳時点で毎月8~9万円の不労所得を得られます。

自分で貯金を運用するよりも余裕をもった生活が可能になるでしょう。

3-2.マンション購入は生命保険の代わりになる

毎月5万円の貯金をしなければいけないとなると、家計の出費を大幅に抑える必要が出てきます。旅行やレジャーなども我慢しなければいけませんし、場合によってお子さんの進路にも影響してきます。

しかしマンションを購入すれば、65歳時点の備えをするための支出がほぼゼロ円で済みます。

そしてもう一つマンション購入のメリットがあります。それは、生命保険の代わりになることです。

マンションを、融資を受けて購入する場合、団体信用生命保険への加入が可能になります。これは住宅ローンに限った話ではなく、投資用のマンションでも同じなのです。

もし不慮の事故で亡くなってしまった、もしくは働けなくなってしまった時に2千万円のローンが残っていたとしても、そのローンの返済義務がなくなります。そうするとその時点でローン返済が必要なくなるだけではなく、毎月8万円ほどの不労所得が得られることになるのです。

そして生命保険のために毎月積み立てているお金、もしくは掛け捨ての出費が無くなります。

マンション購入をすれば、ほぼ家計の負担0で65歳時点の不労所得が得られるだけではなく、35歳から65歳までの30年間に、生命保険にかけるお金が不要になるという二重のメリットがあるのです。

こういった点から、マンション購入をしておけば老後2000万円の貯金に備えることが十分に可能になると言えるのです。

まとめ

夫婦によって必要な老後の出費額は変わって決まってきます。さらにどれぐらいの年金が準備できるかも違ってきます。結婚もせず子供を作らず、生涯独身で過ごす方も最近は増えています。

しかし、どの方にとっても老後の備え、特に定職がなくなり年金や他の自分で準備した収入源で自分の生活費を賄わなければいけない状況は絶対に到来します。老後はどんな方にも平等にやってくるのです。

そんな時に生活の支えとして役立ってくれるのがマンションなどの不動産です。特に60歳、70歳になると病気にかかったり体が自由に動かなったりして、労働することが難しくなり、人生を満足に楽しめなくなることもあります。

そんな時、労働を伴わず収入が得られるマンションなどの不動産投資用物件はあなたの人生を、より安全安心で満足できるものにしてくれるでしょう。

是非一度投資用マンションの購入を検討してみてください。

 

関連記事一覧